なかの皮ふ科ひ尿器科 NAKANO DERMATOLOGY UROLOGY

「たかの橋駅」徒歩1分、広島市中区にある女医のいる皮ふ科ひ尿器科

舌下免疫療法

舌下免疫療法とは、スギ花粉症や、ダニのアレルギー性鼻炎で悩んでいる方を治療するアレルゲン療法の一つです。症状の原因となる物質であるアレルゲンの薬を舌の下に投与し、少しずつ体内に吸収させることで免疫をつくっていき、スギ花粉とダニのアレルギー反応を弱めていく治療です。レーザー治療のような対症療法とは違い、長期的に正しく治療を続けることで症状を完全に抑え込むことができる可能性があるため、根本的なアレルギーの治療が見込めます。また、舌下免疫療法は自宅で薬を服用できるので継続しやすい、完治しない場合でも症状が緩和されることで、普段服用していたアレルギー治療薬を少なくすることができるという利点があります。

【治療】
舌下免疫療法の治療は、まず通常の診察でスギ花粉かダニのアレルギーを持っているかを検査し、持病がないかなどを調べ治療が可能かどうかを判断します。一回目のアレルゲンの投与は院内で行い、その後の投与はご自宅で行う形になります。少ない量の薬から始め、副作用がなければ服用する量を少しずつ増やしていきます。

【服用開始時期】
舌下免疫療法を服用する際の開始時期がスギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎では違っています。スギ花粉症の方は、スギ花粉が飛散している時期以外ではないと治療の開始ができませんので6月~12月の間であれば舌下免疫療法の治療が開始できます。ダニアレルギー性鼻炎の方はいつでも治療が開始できます。

【メリット・デメリット】
<舌下免疫療法のメリット>
・長期的に正しく治療を続けた方の約80%の方に効果があります。
・体内にアレルゲンの免疫をつくりますので、根治が期待できます。
・ご自宅で治療ができますので、病院に定期的に通う必要がありません。
・アレルギー薬の服用を減らすことができますので身体への負担を減らせます。
・5歳以上のお子さまから始めることができます。
・保険適用の治療ですので費用を抑えることが可能です。
<舌下免疫療法のデメリット>
・最低でも3年は治療を続ける必要がありますので、根気が必要です。
・治療を続けても効果が出ない場合があります。
・稀に副作用を起こす可能性があります。

【お子さまへの舌下免疫療法】
舌下免疫療法は5歳から服用開始できます。スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の症状である鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状の緩和が見込めます。従来の注射を打っての治療とは違い、痛みもなくご自宅で服用できますので小さいお子さまでも取り組みやすいアレルギー治療になっています。
実際に、私院長の息子もアレルギーで悩んでおり、「どうすれば、この子に効果的な治療法はあるのだろうか?」と悩んでおり、舌下免疫療法が出るまでは副反応が強い注射による免疫療法もありましたが、そちらに関しては実施に至ることは親としてはできませんでした。
今回の舌下免疫療法も一定数副反応はあるものの、「子どもの将来の時間」と両てんびんにかけた場合には、舌下免疫療法は実施する価値が高い治療法と言えます。

【当院からのお願い】
上記にも書いてありますが、スギ花粉症の方への舌下免疫療法の治療は開始時期が6月~12月の間と決まっていますのでご注意ください。また舌下免疫療法の服用における副作用に関しましては、口の中が腫れることやのどへの刺激などの軽微なものがあります。また稀ですがショック症状を起こすことや消化器官への影響がある可能性もゼロではありません。費用のことや、少しでも不安、心配のある方はお気軽にご相談ください。スギ花粉症の症状やダニアレルギー性鼻炎の症状にお悩みの方は当院にお越しください。